<< ドクターXと社交ダンス(1) | main |

ドクターXと社交ダンス(2)

日記 2016.12.10 Saturday PSJ

慶林大VS東帝大

それぞれの婦人会の社交ダンス対抗戦ということで踊れる人間をすぐ集めなければいけない。年上の方もお願いしたい、という言葉に真っ先に思い浮かんだ今井組から快諾をいただき、出演の決まっていた若代君はユリアちゃん不在のため学連時代の仲間を呼び出してくれました。法子は生徒さんに出演をお願いし、困った時にいつも助けてくれる川上コースケはお弟子さんを紹介してくれました。さらに前日にこの話を聞き出演をしてくれました松本希望。映像に映ってたかなぁ(;´・ω・)現場では例のメロンを預かる大役だったのですが・・・

 

 

 

九条映美役の中山忍さん。踊っている最中に倒れるシーンはまだ皆様の脳裏に焼き付いてることでしょう。そもそも一つのシーンを撮影するために様々な角度から何度も撮るのです。倒れるシーンも例外ではなく、リハーサルではマットをひき、本番ではマット無し。スタンディングスピンの最中に苦悶しスローアウェイに入ろうとするときに「うっ!(;´Д`)」とうめきながら倒れる。これだけでも4回は撮ってました。倒れては起き、倒れては起き。その都度リアルに苦悶する忍さんに僕はその都度「大丈夫ですか!?」と声かけそうになりました。リーダーとしてはあんな風に苦悶した段階で踊りを止めフロアの外に出たいし、倒れそうになったら全力でかばってあげなきゃいかんのですが、フロアに倒れる忍さんを呆然と見る。これは心境的に苦痛でした(笑)

 

キャプチャーは宗像静枝さんから

 

この何度も同じことを繰り返し撮影するスタイルは全カットで行われ、カメラを移動したりする間にちょとした隙間の時間ができます。といっても現場から出て行くほどの時間は無いのでその場で待つわけですが、基本的にこの時間はレッスンにあてがわれました。なんせ、クイックステップも踊らなければいけないと忍さん本人が知ったのは撮影の直前。この隙間時間にクイックの練習もしなければいけませんでした。しかしフォロー術が上達した忍さんはそこはもう大丈夫。フィガーなんて教えなくても、ワルツより早くても、なんでもフォローできるようにすでになっていました。素晴らしい(。-`ω-)

 

そんな隙間の時間に米倉さんと忍さんがダンスの話をしていました。みんながダンスの練習をしている時に隅っこでステップをしている米倉さんを目ざとく見ていた僕は臆面もなく「米倉さんもダンス踊られるんですよね」なんて話しかけてみました。すると「タンゴなら踊ったことありますよ」と。CICAGO上演の時かなー。「社交ダンスやってみたいですね」「ぜひ!」なんて言葉も交わしちゃったりしちゃったりして。役得でござる。

 

田中英和&草刈民代組登場

 

日本最高峰の社交ダンサーとバレエダンサーの極上のコラボであるこの現場にいられることは私にとってこの上ない幸せであり、かのシャルウィーダンスの名シーンを復活させられたことで大きな使命を果たした充実感。しかしながら我々も同じフロアで踊る以上それを外から見ることはできないわけであります。このクイックステップのシーンも前述通り何度も様々な角度から撮影し、田中・草刈組のフィガーの導線を確認しながら踊ったり、フロアの中に櫓を立てて俯瞰で撮影したりしてあの素敵な一幕が完成したのです。撮影後のカメラチェックを見て、社交ダンスの華麗で優雅なシーンを、医療ドラマであるにも関わらず、ここまで再現してもらえた事をとても嬉しく思いました。

 

草刈さんはインスタグラムでこんな映像もアップしてくれました。周防監督は草刈さんの撮影にはいつも付き添ってくれるそうで、この日も撮影現場にマスクしていらっしゃいました。周防監督が見切れてて取り直しなんてこともありました(^-^;

 

 

 

放送終了後に制作の方から連絡をいただき

「視聴率は、22.6パーセントという素晴らしい成績、特に後半のダンスのシーンは最高視聴率25. 1パーセントを記録しました。」

「先生方からご覧になるといかがだったか心配ではありますが、監督も大変喜んでくださいまして、予定よりも長くダンスを使用したほどです。」

と嬉しいお言葉を頂戴しました(ノД`)・゜・。

 

 

さて問題のシーン。山内さん写真付きでメールありがとう(笑)

放送翌日からFacebookでもレッスン中でも、舞台の稽古でも「演技が良かった」というコメントをそれはもうたくさんいただきました。そ、そんなに良かったですか(;´Д`)?踊っている本池しか知らない皆様にはさぞ新鮮に映ったのでしょうね。

その中でもなるほどと思ったコメント。

「淳さんの悔しそうな顔初めて見ましたよ」

確かに。

僕は競技会で負けて悔しいと思ったことがおそらく一度しかありません。それも学生時代、最後の全日本戦で優勝できなかった時に父の胸で大泣きした時です。僕は基本的に順位が低くても笑顔で表彰式に並びますので、確かに皆様の前で悔しい顔は披露していないのです。決勝にあげていただき感謝という気持ちの方が強いんです。負け惜しみじゃなくてよ(;^ω^)

 

 

 

キャプチャーは宗像静枝さんから

また、このドクターX放送の前日にはFNS歌謡祭で金光進陪&吉田奈津子組が、郷ひろみさん&AAA西島隆弘さんが歌う「よろしく哀愁」にのってダンスを披露しました。この二夜連続の東部日本ボールルームダンス連盟プロ選手会会長、副会長コンビによる民放社交ダンス祭りが今後のダンス界に良い影響を与えることができていることをとにかく心から祈るばかりです。

comments(2) | -

コメント

Jin様
ご覧いただきありがとうございます。
本池が出てきてビックリ、という話を多方面から聞きました(^-^;
短期間で踊らざるを得ない状況に中山さん本人も相当なプレッシャーだったようですが、最終的にはリードを信じてくれました。それはある意味度胸がないとできない事ですから、さすがとしか言いようがないですね!
管理人 | 2016/12/20 6:02 PM
ドクターX、観ました〜
お友達から「田中先生がドクターxで踊る」という内容の
メールが来て楽しみに観ていましたら
最初から本池先生が出て来られたのでびっくりしました
このブログで、短期間の練習で撮影された事を知ったのですが
あんなにも踊れる様になるとは本当に驚きです
先生の指導のたまものなのでしょうね!!よかったでーす
ダンス仲間の話題になっています
Jin | 2016/12/20 10:49 AM

コメントする










S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

OTHERS

LINKS

qrcode
RECENT COMMENT
RECOMMEND