本池組 電撃でもない引退発表

コンペ 2016.06.20 Monday PSJ

2016年6月19日ジャパンダンスグランプリ

ここで本池組は競技生活に終止符を打ちました。

Facebookを見ると同じ時間に別の場所でJDCの中川組も引退発表を。

こんな事ってあるんですねぇ。中川先生おめでとうございます!

共に今後のダンス界発展のために尽力しましょう(^^)/

 

さて、現在の胸中。心残りは無し。やりきった。

Ⓒ佐藤先生

 

こんな事言うのもなんですが、今日の予選で衝突により法子が足を負傷しました。

法子は泣きながら佐藤トレーナーの応急処置を受けていました。

痛すぎて泣いていたのです。

僕はもうこの場で欠場しても構わないと心の中ですでに思っていましたが、

それでも法子は最後までフロアでは笑顔で踊り続けました。

毎回フロアを出た瞬間に顔を歪め、

施術を受けながら悔しそうに唇をかみしめていました。

負傷してから決勝まで、フロアの外では足を引きずり、

フロアに入った瞬間笑顔を僕に見せるのです。

恐ろしいほどの根性です。

我が嫁ながら、こういう選手が上位に行くのでしょう。

 

「パートナーを躍らせる」という事がずっとわからずにいた僕も

今日ばかりは、おそらく多少は法子のナイトになれたのではないかと思います。

法子が立ちやすい場所を見つけ、法子が動きやすい方向に移動し、

ベストダンスとは言えないまでも、ベストリーダーに最後の最後になれました。

神が与えたもうた試練は、このことを気付かせるためにあったのでしょう。

アクシデントが無ければ体験できなかった事をラストダンスで体験できました。

 

こうなったらもう、誰だかわからないけどぶつかってくれた選手にも感謝を述べたい。

 

そして当然のことながら

応援してくれた先輩後輩の競技選手にも感謝を述べたい。

遠くから応援のためだけに駆けつけてくれた競技選手、学連の仲間、

愛しき元パートナーにも感謝を述べたい。

僕を教師として選んでくれた生徒さんみんなにも感謝を述べたい。

僕が教師でもないのに本池組を応援してくれた愛好家のみんなにも感謝を述べたい。

こんな素敵な時間を作っていただいた大会運営の皆様にも感謝を述べたい。

一緒に戦い続けてくれたライバルに感謝を述べたい。

Ⓒ山内さん

 

さらに当然ながら

僕らをここまで育ててくれた恩師にも感謝を述べたい。

僕をここまで育ててくれた両親にも感謝を述べたい。

 

最後に

ボールルームダンスという至福の世界に感謝を述べたい。

フロアの神様に感謝を述べたい。

Ⓒ山内さん

comments(10) | -

2016セグエ選手権。嬉しい報告

コンペ 2016.03.28 Monday PSJ

久しぶりにダンスの競技会について嬉しい報告ができます。

昨日行われましたジャパンプレミアカップのセグエ選手権(ショーダンス部門)にて久しぶりの表彰台に昇る事が出来ました( ´ ▽ ` )

セグエ選手権というのは昨年1年間の成績優秀者12組程が出場する権利を持っているもので、決められた時間内に決められたルールの中で1つの作品を1組ずつ披露し、まぁ、フィギュアスケートの競技会のように行うものです。通常我々のダンス競技会というのは予選が5つくらいあって、1曲を10組以上のカップルが同時に踊ります。でワルツ、タンゴ、など順番に踊って総合成績で審査員に選ばれたカップルは次の予選に進むのです。準決勝は12組、決勝は6組が勝ち残り、優勝を目指して争います。因みに本年は5種目選抜選手権もセグエ選手権も橋本&恩田組が優勝トロフィーを手にしました。

セグエ選手権は広いフロアにたった1組だけで踊るという我々にとっては特殊な競技なのです。そもそも今回のような規模の大きい競技会では観客席も選手も多いのでフロアが広くなっていて、1組でそれを埋めるわけですからいろいろ大変なわけです。
特にセグエを経験したことのない選手にとっては自分だけにスポットが当たると今自分が何処にいて何処を向いているかわからなくなる恐ろしい場です。たくさんスピンをしているうちに正面がどっちなのかわからなくなるんです。思い出しただけで気が滅入る…

というのを毎年行っていて以前も表彰台に昇ったことはありましたがしばらく叶っていませんでした。

今回の作品は『ZEAL〜ほとばしる熱情〜』というタイトルで『ZEAL』というのは副題の通り『熱情』という意味です。作品の土台になった音楽は『黒い瞳』。曲名言われてもわがんね、という方はググってみて下さい。きっとご存知の楽曲です。

というわけで思いっきりZEALさせていただきました所たくさん褒められて嬉しい本池です。当日、やけにラテンダンサーに好評だなぁと思っていましたが、そりゃそうです。ラテン選手権の裏でやってるわけですから。今理解しました(^_^;)でもラテンダンサーに褒められるというのは大変嬉しい事で、専門の技術はわかんないけどかっこ良かったという事ですから、僕の本来望む所なわけです。

表彰台に返り咲いた事はもちろん嬉しいのですが、踊っている最中に手拍子が凄かった事がが何よりも感動でした。聞けば手拍子があったのは本池君とこだけだったよと。


YES!


自分の踊りで見てる人を泣かせたいというのが僕の目標でしたがどうやら今回の作品はそれが叶ったようです。見てた親はもちろん泣きましたがそれはやっといい結果が出せたね!という涙じゃないかと思うのですが、踊りを見て泣いたという言葉を何人かに漏らされました。ありがとうございます。こちらが泣いちゃうよ。

さ、突然ですが
今回の目玉商品のご紹介です。
ジャジャン

はーやーきーがーえー

本池組といえばお馴染み、ドレスの《ひさや》特製、瞬間色素転換装置付きドレスです。テーマは「裸にひんむいてやる」あまりに一瞬の出来事で何が起こったのかわからなかった皆様ご安心ください、今回限りの特典付録DVD「ニールもビックリこれであなたも早着替えマスター」をお付けしましてななんと送料・分割金利手数料はジャパネット負担!

そしてジャジャン

ばーらーへーあー
天才ヘアスタイリスト戸川美佐子による、地毛だけで作られた薔薇モチーフです。競技当日に制作過程をずっと傍で見ていましたが唸るばかりです。いつか再現できるようにと思って観察していました。戸川先生もそれがわかっていて1つ1つの工程を解説しながら仕上げていって下さいましたが、やんぬるかな、無理だという事がわかっただけでした(T_T)

選曲も振付も毎度嶺岸師匠任せでしたがようやっとちょっとだけ師匠の意思を具現化する事が出来たのじゃないかしらと生意気に言ってみる。

思いを込めて激しく、強く、繊細に踊り、舞台からはけた後は法子と無言で握手しました。

1曲しか踊っていないのに足の裏は腫れ上がり
脳に酸素が回っていない
まっすぐ歩いて控え室に戻れない
あー
なんだか満足
結果悪くてもいいや
みんな喜んでくれたし

そんな気持ちのまま3位にコールされましたがそれを喜んでくれた身内の皆様の声援の方が嬉しかったです。そして表彰台に昇る前に法子が思いっきりハグしにきましたが「3位で満足したように見えるからやめれ」と拒否。全国の法子ファンの皆様すみません。そこだけは競技選手のプライドが働いてしまいました。彼女もプライドの女王なので意図をすぐ察し、互いに背中を抱えつつ表彰台に向かいました。

photo kaoring*works
いい写真やわーこれ
comments(2) | -

プレイヤーズファースト

コンペ 2015.04.29 Wednesday PSJ

僕らが所属している組織のそのまた上の組織のお話。
どんな業界にもある話なのでしょう。

この組織の競技会運営サイドにA推進派、B推進派がいて、多数決でB派の意向へ。
多数決は民主制の象徴のようなものであり正当なものだ。
これと同じ事を僕ら選手会の代表機関である理事会が行うと
「それは選手全体の総意ですか?」と運営に問われる。

ダンス界の将来ためこの選択をしたという運営に問い返したい。

それはダンスを愛しているダンス人全員の総意ですか?
組織に携わる人間全員の総意ですか?
あなた達の多数決と私達の多数決は別のものですか?

選手には様々なスタンスがあります。

  • Aじゃなきゃイヤだ
  • Aじゃなくたっていい
  • Bじゃなきゃいやだ
  • Bじゃなくたっていい
  • A・B両方一緒になってくれ
  • 正直なんでもいいからコンペに出させてくれ
  • 俺はインター出る資格がないから関係ない


選手会理事会でまとめた意見は、
「ABが共存できていない状況で双方の理解を得ず行う競技会には納得できない」
というもの。しかしB派の運営は我々選手会の代表に
「あなた達のように思っていない選手もあるのだよ?」
と問うてきます。当たり前です。
同じ台詞をそのままそっくりお返しいたします。
 

僕が自分の事を日本が誇るトップダンサーだというのは恥ずかしいのですが、あえてそうさせていただくと、僕らは日本のダンスのクオリティーの代表であり、数々の競技会を経て、たくさんの審査員に審査されてきた結果こういう立場におります。そういう僕らの意思をもっと反映していただいてもいいんじゃないかと。僕らの意思ってなんだと問われれば「Aじゃなきゃイヤだ」です。違うルールの審査員に審査されることに抵抗がある。僕らは自らが尊敬してきた審査員に審査されたいと常に思っています。それだけで理由は充分じゃないかと言いたいです。あなた達は異なる団体から移籍してきた審査員にすぐには審査の権利を与えませんよね。審査の能力がある、無いの問題ではないとわかっていらっしゃる。
 

選手会副会長としての意見とは異なります。選手会としては将来的に日本のダンス界のことを考えるのであればJDSFと手を組む事は必要であり、手を組むためにはBとも仲良くなければいけないという考えは理解できる。しかしそれは「今」ではない。だから妥協案を提出しましたが採用されませんでした。
 

僕はAの歴史を重んじていたこの組織が好きでした。伝統って素晴らしいものです。歌舞伎や能、狂言はなぜ廃れないのか、それは、これらが本物だからです。僕は僕のやっているボールルームダンスがこれらと同じように格式のある本物だと自負できるし自分のダンスをもっともっと本物に近づけたい。どれだけ時代が変わっても人が感動するに値するものであると確信しています。そしてダンススポーツもまたあらゆるダンサーを魅了しているこれも確か。若者にウケがいいこれも確か。フィギュアスケートで日本人がメダルを取って国民大歓喜だけど、僕はキャンデロロの三銃士の演技が未だに脳裏から離れません。

同じようにシンキンソンのフェザーフィニッシュやジョンウッドのホバー、マーカスの…キリがないですね。あーいうダンスを自分でできるようになって、同じように自分のダンスで人を感動させたいと思ってずーっとやってきました。てんで届きもしませんが。

 

前から言ってるけど両立はしたほうがいい。どちらもお互いを認め合って日本では2本のレールで大きなダンスを発信していけばいい。準備ができていないなら時間をかけてやりなおして下さい。日本画を描く前にまず紙を板に水張りします。その作業に慣れてない人は画面の隅っこに紙のシワができ、そのシワは最後まで消えず、作品の完成度を著しく損なうものとなります。綺麗に紙が貼れてからやっと一筆入れらると思いきや、墨を刷る作業、膠を溶く作業、胡粉を練る作業、描きたいものを描くために入念に準備をするんです。それができる国が日本ではなかろうか。

comments(2) | -

United Kingdom Dance Championships

コンペ 2015.01.21 Wednesday PSJ



久しぶりにコンペの記事を書く気がします。イギリスはボーンマスで行われているUKダンス選手権大会。3日間に渡り様々なセクションの競技会が様々な国よりやってくるダンサーによって繰り広げられます。ちょっと今写真を撮ってみましょう。ガシャコン。

こんな感じです。
本池組は今日いわゆる本戦に出場してベスト48で終わりました。残念ながら今年は日本人は次のラウンド(ベスト24クォーターファイナル)には誰も残りませんでした。非情に厳しい(;´Д`A
あ、セミファイナルが始まりました。
ガシャコン。


さて明後日帰国します。その前に先日のももクロChanの記事を書きましょう。
comments(4) | -

初トライ髪上げ

コンペ 2015.01.14 Wednesday PSJ


2015年はこのヘアスタイルでまいります!編み込み綺麗に見せるの難しい!毛がピョンピョン出ちゃうのをスパイキーで強引に抑えつけてますが、そもそも三つ編みはジェルつけてからやりますか?ムース?今回はムースで水分含ませて後からスプレーで固めました。そういえば今思い出しましたが後輩は水でいいって言ってました。髪質によるのかなぁ。

ちなみに今日のスターチャンピオンシップスは準々決勝でした。
WDSFにいたフェデリコが踊ってました。もちろんノーマルのヴェニーズ踊ってました。素晴らしかったです。
comments(0) | -
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

OTHERS

LINKS

qrcode
RECENT COMMENT
RECOMMEND