ドクターXと社交ダンス(2)

日記 2016.12.10 Saturday PSJ

慶林大VS東帝大

それぞれの婦人会の社交ダンス対抗戦ということで踊れる人間をすぐ集めなければいけない。年上の方もお願いしたい、という言葉に真っ先に思い浮かんだ今井組から快諾をいただき、出演の決まっていた若代君はユリアちゃん不在のため学連時代の仲間を呼び出してくれました。法子は生徒さんに出演をお願いし、困った時にいつも助けてくれる川上コースケはお弟子さんを紹介してくれました。さらに前日にこの話を聞き出演をしてくれました松本希望。映像に映ってたかなぁ(;´・ω・)現場では例のメロンを預かる大役だったのですが・・・

 

 

 

九条映美役の中山忍さん。踊っている最中に倒れるシーンはまだ皆様の脳裏に焼き付いてることでしょう。そもそも一つのシーンを撮影するために様々な角度から何度も撮るのです。倒れるシーンも例外ではなく、リハーサルではマットをひき、本番ではマット無し。スタンディングスピンの最中に苦悶しスローアウェイに入ろうとするときに「うっ!(;´Д`)」とうめきながら倒れる。これだけでも4回は撮ってました。倒れては起き、倒れては起き。その都度リアルに苦悶する忍さんに僕はその都度「大丈夫ですか!?」と声かけそうになりました。リーダーとしてはあんな風に苦悶した段階で踊りを止めフロアの外に出たいし、倒れそうになったら全力でかばってあげなきゃいかんのですが、フロアに倒れる忍さんを呆然と見る。これは心境的に苦痛でした(笑)

 

キャプチャーは宗像静枝さんから

 

この何度も同じことを繰り返し撮影するスタイルは全カットで行われ、カメラを移動したりする間にちょとした隙間の時間ができます。といっても現場から出て行くほどの時間は無いのでその場で待つわけですが、基本的にこの時間はレッスンにあてがわれました。なんせ、クイックステップも踊らなければいけないと忍さん本人が知ったのは撮影の直前。この隙間時間にクイックの練習もしなければいけませんでした。しかしフォロー術が上達した忍さんはそこはもう大丈夫。フィガーなんて教えなくても、ワルツより早くても、なんでもフォローできるようにすでになっていました。素晴らしい(。-`ω-)

 

そんな隙間の時間に米倉さんと忍さんがダンスの話をしていました。みんながダンスの練習をしている時に隅っこでステップをしている米倉さんを目ざとく見ていた僕は臆面もなく「米倉さんもダンス踊られるんですよね」なんて話しかけてみました。すると「タンゴなら踊ったことありますよ」と。CICAGO上演の時かなー。「社交ダンスやってみたいですね」「ぜひ!」なんて言葉も交わしちゃったりしちゃったりして。役得でござる。

 

田中英和&草刈民代組登場

 

日本最高峰の社交ダンサーとバレエダンサーの極上のコラボであるこの現場にいられることは私にとってこの上ない幸せであり、かのシャルウィーダンスの名シーンを復活させられたことで大きな使命を果たした充実感。しかしながら我々も同じフロアで踊る以上それを外から見ることはできないわけであります。このクイックステップのシーンも前述通り何度も様々な角度から撮影し、田中・草刈組のフィガーの導線を確認しながら踊ったり、フロアの中に櫓を立てて俯瞰で撮影したりしてあの素敵な一幕が完成したのです。撮影後のカメラチェックを見て、社交ダンスの華麗で優雅なシーンを、医療ドラマであるにも関わらず、ここまで再現してもらえた事をとても嬉しく思いました。

 

草刈さんはインスタグラムでこんな映像もアップしてくれました。周防監督は草刈さんの撮影にはいつも付き添ってくれるそうで、この日も撮影現場にマスクしていらっしゃいました。周防監督が見切れてて取り直しなんてこともありました(^-^;

 

 

 

放送終了後に制作の方から連絡をいただき

「視聴率は、22.6パーセントという素晴らしい成績、特に後半のダンスのシーンは最高視聴率25. 1パーセントを記録しました。」

「先生方からご覧になるといかがだったか心配ではありますが、監督も大変喜んでくださいまして、予定よりも長くダンスを使用したほどです。」

と嬉しいお言葉を頂戴しました(ノД`)・゜・。

 

 

さて問題のシーン。山内さん写真付きでメールありがとう(笑)

放送翌日からFacebookでもレッスン中でも、舞台の稽古でも「演技が良かった」というコメントをそれはもうたくさんいただきました。そ、そんなに良かったですか(;´Д`)?踊っている本池しか知らない皆様にはさぞ新鮮に映ったのでしょうね。

その中でもなるほどと思ったコメント。

「淳さんの悔しそうな顔初めて見ましたよ」

確かに。

僕は競技会で負けて悔しいと思ったことがおそらく一度しかありません。それも学生時代、最後の全日本戦で優勝できなかった時に父の胸で大泣きした時です。僕は基本的に順位が低くても笑顔で表彰式に並びますので、確かに皆様の前で悔しい顔は披露していないのです。決勝にあげていただき感謝という気持ちの方が強いんです。負け惜しみじゃなくてよ(;^ω^)

 

 

 

キャプチャーは宗像静枝さんから

また、このドクターX放送の前日にはFNS歌謡祭で金光進陪&吉田奈津子組が、郷ひろみさん&AAA西島隆弘さんが歌う「よろしく哀愁」にのってダンスを披露しました。この二夜連続の東部日本ボールルームダンス連盟プロ選手会会長、副会長コンビによる民放社交ダンス祭りが今後のダンス界に良い影響を与えることができていることをとにかく心から祈るばかりです。

comments(0) | -

ドクターXと社交ダンス(1)

日記 2016.12.09 Friday PSJ

11月14日

教室に電話がかかってきました。

「ドクターXで草刈さんと踊る役をお願いできませんでしょうか。」

ドクターX?草刈さん?!

 

とりあえずお話をしたいとの事でその日の営業後に教室に制作の方が来てくれました。数年前ダンス番組に出演した増田大介先生からの紹介という事でしたが、ドラマに出ることよりもあのシャルウィーダンスの草刈さんと踊るということの方が自分にとっては重大使命であり、そんな大役を僕がやってはいけないし、草刈さんの身長では僕が踊っても彼女の素晴らしさを引き立たせることはできないと、その場ですぐさま辞退。

 

どうせなら映画シャルウィーダンスを再現させましょう!

と田中英和先生の名前を出すと、すでに一度打診済だが、海外にいて練習ができないということで断念されたとのこと。それでも自分が代稽古をすれば当日合わせるだけであの神様なら問題ありません!と制作の方に念を押し、田中先生も説得。田中先生の名前を聞いて草刈さんも「同窓会ね!」とノリノリになっていただけたので、草刈さんとの稽古がスタートしました。

 

シャルウィーダンスで草刈さんご本人が踊っていたステップを覚えて、これをそのまま踊ってみましょうという流れでしたが、テレビ上の見栄えを常に考えている草刈さんはどんどんアイディアを出してきて、新聞にも掲載されたあのリフトが完成しました。

 

 

草刈さんとのレッスンは常にこちらが参るほど、何度も何度も納得のいくまで繰り返すというものでした。社交ダンスを踊るのは映画以来ということでしたが、本池は唸る唸る。ボディーから指先足先までのトーンが半端ない!歴戦のトップダンサーの持つスキルは一般社交ダンサーなんかじゃ太刀打ちできるものではありませんでした。こっちが大汗かいてても彼女は顔に汗一つないのです。これが女優かこれが一流かと実感せざるを得ない。さらに別の日にはWDSFの競技会の動画を持ってきて「これやってみましょう」と。レッスンの度にコリオグラフフィーが変わっていくのです。スイングの方法からPPの頭の位置から到底テレビのワンシーンで踊る為とは言えないレッスン内容になっていくのに思わず、

「草刈さん!どこに向かってるんですか!」というと、笑って「楽しいわね(^^♪」

本池ガックリです(笑)僕が困れば困るほど彼女は楽しそう。どうあがいてもこの人には叶わないと実感しました。

 

そんなこんなで数回のレッスンで本番当日の朝に田中英和先生にバトンタッチ。田中先生と草刈さんのそこから本番までのリハーサルは僕は別のシーン収録のため見れませんでしたが、本番を見てただただ啞然です。それは皆様もおわかりでしょう。

ダンスの撮影風景です! #ドクターX #社交ダンス#ソシアルダンス#田中英和#草刈民代

草刈民代さん(@tamiyo_kusakari_official)が投稿した動画 -

 

 

さて、草刈さんとの代稽古中に制作の方に

「先生、もう一人病院のエースダンサーのお相手役をやっていただけませんか?」と。

配役表を見て、これは誰が相手するんだろうと思いつつも、まさか僕じゃないだろうと思っていたところに瓢箪から駒。しかもその女優さんはまだ決まっていない。本番までそんなに期日があるわけではないのはわかっているので、これはもう話がわかっている自分がやらなければ間に合わないと腹をくくることになったわけです。

 

「中山忍さんに決定しました。」

ナカヤマシノブさん・・・中山忍さん?!(;゚Д゚)

 

ラッキーを通り越している。腹をくくってよかったと思ったあの日はもう二度と戻ってこない。嶺岸ダンスにレッスンに現れた忍さんは異世界の人でした。草刈さんと対極にいるようなフワフワした方でした。婦人会のエースダンサーなのに、なんせ社交ダンス初めて。忍さんに社交ダンスを好きになってもらう事、テレビで説得力のあるダンスシーンを踊ってもらう事、この二つは非常に両立しにくく、厳しいレッスンをしたらダンスが嫌いになってしまうんじゃないかと心配する僕の様子がわかったのか、マネージャーさんに「先生、厳しくお願いしますよ」と釘をさされる(;^_^A

 

ちゃんと見せられるようにするにはウォークからしっかり教えなければならず、最初は単純な前進、後退を何度も繰り返しました。

そしてホールドを組む。組んで歩く。手の位置、指先の形もしっかり教え、最後に頭の位置。「頭が近いですよ!」と言う僕の心境は「もっと近くてもいいんですけど」というオヤジ魂を抑えるのに必死でした。なんせ可愛いんですもの。許してください。

 

そこからステップ。やはりこれは誰でもそうだけども、ワルツで足を揃えると、次にどっちの足を出すのかわからなくなるんです。これが非常に苦労するところだったのですが、ウォークがスムースになってきた頃にボディーコネクション、レッグコネクションを教えてから足型を覚えなくても相手についていけるということを理解した忍さんは急激に上達を始める。と言っても、まだ3回目くらいのレッスンでの出来事である。さらにフレームにトーンがあるとフォローがスムースになるというところも理解し始めたので、それならばと、スタンディングスピンや複数回のスウェイチェンジをしてみました。予想通り軽くついて来てくれたのでこれをそのまま本番用に採用しました。フロアに入場するところから何度も繰り返し踊りこみ、そしてやはり忍さんも顔に汗をかかない!!女優さんって本島に凄い(; ・`д・´)忍さんは吸収の速度が驚くほど速く、コピーの能力に長けていました。法子と手本を踊ったその直後に劇的に変化するのです。

 

休憩ごとに色んなお話をしていただいたのですが「高校で演劇部やってました」とついうっかり言ってしまう。

「ダンスを踊っている最中に倒れる」という設定があるという事は、その時僕も倒れる忍さんに対して何かしらリアクションしないといけないという事を気付かされる・・・本池先生演劇部だから大丈夫よ(^^)/と言われた瞬間急に逃げ腰になる本池でした。ダンスだけかと思ってたので演技をする方がメチャ緊張するわけです。

 

全ての稽古がうまく進み本番を迎える。

 

ダメダ、モウ眠気限界。続きはまた今度!

 

 

 

comments(0) | -

ダンスグッズの革命品 SyncDancing

日記 2016.10.19 Wednesday PSJ

SyncDancingという画期的なダンスグッズの登場を皆様ご存知ですか?


モニターをさせていただいて実感しましたがスマホ片手に、もしくは遠くに置いて練習したりする事もある我々にはありがたい存在。2人のイヤホンを同期させて同じテンポで練習できるので普通にコネクション取ったまま動ける。音源内蔵なのでBluetoothや電波の範囲も気にしない。KORG製というだけでベースをかじったことのある僕にはちょっと興奮もの。一緒に写真を撮ったKORGの担当者さんは内気な方でした(´ω`)

文章では説明しきれないので詳しくはWEBで。
金光組がモデルになってます。

comments(0) | -

吹奏楽とコラボってきました。

日記 2016.10.02 Sunday PSJ

 ◇VSOP渋谷吹奏楽団さんとの縁結び

時はさかのぼり昨年のGWに開催されたイベント「代官山春花祭」。

東部日本ボールルームダンス連盟プロ選手会のダンス振興プロジェクト

フラッシュモブと演奏会場がたまたま近かったのが縁で、

VSOP渋谷吹奏楽団(以下VSOP)代表幹事の住田守弘さんが

社交ダンスに興味を持っていただいて、ダンスビュウさん経由で

この素敵なコラボに至ったようです。

 

VSOPは渋谷を中心に、社会人の趣味の集まりとして

2013年から活動を開始した楽団。

VSOPの名前から来るイメージの通りオトナの皆様で構成されている、

ということですが、若人もけっこういらっしゃる。

当日の進行補助として大活躍したステッピーはこの若人女子の楽団員に

それはそれはモテモテでした。

 

調子に乗るなよステッピー(; ・`д・´)

 

何度もたしなめる本池の姿は傍から見たらそれは哀れなものだったことでしょう。

おや大西先生。やはり寂しそうです。

 

さらにステージ上でのステッピーは観客にも大人気。

ダンス愛好家の皆様多かったからね、知った顔が出てきて

わー!

ってなっただけだよ。

別に嫉妬してるわけじゃないんだから。

 

◇本番に至るまでの話

軽い気持ちで楽しそうだといつものようにこの話に乗った本池。

社交ダンスを外の世界につなげるというのはもはや僕のベースに

なりつつありますが、前回お話したようにドラマの影響もあり

吹奏楽とのコラボは楽しみで仕方なかったです。

 

振付などは今回は後輩達に任せ自分は踊るだけという立ち位置でしたが

吹奏楽のステージというのは当然楽団の方々がいらっしゃるわけで、

ダンスメインの第2部では踊る為のスペースを確保するために全員

椅子ごと下がってくださるわけです。

そういうわけでこのように練習時は境界線を置いて

(こういう時に役に立つストレッチローラー)

その範囲内で踊るのですが、スタンダードを踊ろと思うと厳しい。

これはDANCE WITH ME!!ですでに実証済だけどもやっぱり厳しかった。

横長のステージを行ったり来たりすることでしかスタンダードの

推進から生じる魅力をお見せできないのです。

 

複数で踊るとこうなるわけ。

ホールド全開で踊るともう奥行いっぱいいっぱい。

ドレスの幅もあるしね。

そして正面はもちろん一方向なので回転量を調整して

ピクチャーポーズが正面に来るようにするわけ。

ウィズミーやフラッシュモブで慣らしていてもやはりこれが一番難しい。

 

一緒に踊る川上組、竹内組、大西組も同じくそのような場で慣らしてきては

いるものの、4組だけでステージを支配する事にはやはり緊張はぬぐえない。

 

◇本番

しかしだ。

そこそこの宣伝活動のおかげで社交ダンス愛好家の応援団が観客席にはたくさん。

そしてこのコンサート、入場無料の大盤振る舞い。 

VSOPの皆様一様に「今回のコンサートは過去にない盛り上がりでした!」

と仰るように、ダンサーが出ていない第一部からたくさんの拍手!

普段ダンスの競技会やパーティーでは応援のプロの皆様。

良いものには惜しみない拍手を送る、という習慣がもうあるのです。

 

その盛り上がりはもちろん第2部でも続き、

慣れない場で緊張していた我々の背中をグイッと押し出すわけです。

ステージ上からかなりみんなのお顔は見えましたよ(^_-)

あ、あそこに○○さん、あ、あっちに□□さん。

 

だもんでこういうショットも出てくるわけ。

グッジョブ山内さん。

 

◇そしてVSOPのチカラ。

ここまで音の発生源と近い距離で踊ったことはDANCE WITH ME!!でも

ももクリでも無かったので、それはもう音の圧力が凄かったです。

音色が体をたなびかせるんです。

楽器の一音一音がビートアクションを鋭くするんです。

直に届く音の響きに酔って何度か振りを間違えそうになりました。

 

・・・

 

いや、間違えました(T_T)

 

打ち上げで楽団の方も仰っていましたが、演奏しながらダンスにつられて

どんどんボルテージが上がっちゃったという事があったみたいで

極めて純粋な相乗効果ですね。そこに観客も入り混じり、

それはもういい空間でした。

 

2017年9月30日(土)再び渋谷区文化総合センター大和田で

第5回コンサート開催が決定しています。

またやりましょうって言ってきちゃった。

指切りげんまんさせられちゃった(;^_^A

一緒にこういうことをできる仲間がもっともっと増えるといいな。

 

この企画を中心となって進めてくれた大西大輔・香織組

 

ちばダンスで大成功を収めた勢いで踊る川上弘祐・暁子組

 

どんな場においても常に最高のサポーターである竹内大夢・曽又奈々組

奈々ちゃんのMCも最高。

 

 

◇もうひとつの収穫

VSOPは渋谷区内の文教施設や老人ホームでの演奏も行っているとの事。

全日本プロフェッショナル競技ダンス選手会ABDCのこれから目指す

活動にもつながるんじゃないかと。

いやぁ、打ち上げ出て良かったです(^^)もえさんありがとうね。

 


VSOP渋谷吹奏楽団第4回主催コンサート
愛の吹奏楽とソシアルダンスの休日

会場:渋谷区文化総合センター大和田4F さくらホール

 

◆◆プログラム◆◆

第1部: 吹奏楽・セレクト・ステージ

アルセナール
ロミオとジュリエット
「タイタニック」メドレー

「風と共に去りぬ」より、タラのテーマ
「カレリア」組曲op.11より、行進曲風に


第2部: ダンス・ミュージック・ステージ 

シャル・ウィ・ダンス?
ソシアルダンス・パフォーマンス

ウィーンの森の物語
アマポーラ
ウェスト・サイド・ストーリー

 

指 揮: 木村哲郎
演 奏: VSOP渋谷吹奏楽団

協 力:モダン出版株式会社/チャコット株式会社

/東部日本ボールルームダンス連盟プロ選手会

 

本件写真提供 月刊ダンスビュウ山内一弘 

comments(0) | -

次は吹奏楽とコラボ!

日記 2016.09.26 Monday PSJ

今週末は吹奏楽のコンサートに乱入させていただきます。本池あれこれやり過ぎやん?と思われる方、すみません、少しずつ自重していきますのでまだ見たって下さい。

吹奏楽。最近ドラマでもありましたね。ルビーの指輪のあの人が主役だったあれです。毎週泣いて見てました。楽団の方々の前で踊る事になりますが、さてどうなるでしょう。顔合わせの時には音の迫力に圧倒されてしまいました。コンペの時の生バンドとは人数がまず違います。ももクロコンサートの時はバンドの音を感じる余裕もありませんでした(^_^;)今回は良い感じに融合したいと思います。

会場は渋谷区文化総合センター大和田。セルリアンタワー東急ホテルの裏です。なななんと!無料観覧できますのでお時間のある方はふらっといらしてくださいまし。


あ、そうだ、母ちゃん見に来てよ。

ダンスメンバーはソシクロZやフラッシュモブでお馴染みの川上組、大西組、竹内組が一緒に参戦いたします。



【イベント情報】
愛の吹奏楽とソシアルダンスの休日
日付:2016年10月1日(土)
時間:13:30開演(13:00一般入場開始)15:40閉演予定
会 場:渋谷区文化総合センター大和田4F「さくらホール」
(JR渋谷駅から徒歩5分。ハチ公口28番乗り場からシャトルバス有)
料金:入場無料


「渋谷の街に吹奏楽で彩りを」
 渋谷を中心に音楽を楽しめる場所を創造しようと、2013年から活動を始めた「VSOP渋谷吹奏楽団」が、第4回主催コンサート「愛の吹奏楽とソシアルダンスの休日」を開催します。
 VSOP渋谷吹奏楽団の新たなチャレンジは、社交ダンスとの共演。
「愛」をテーマに選りすぐった数々の名曲のもと、ボールルームスターズの司会など多方面で活躍されている大西大輔・香織先生、ちばダンスの川上弘祐・暁子先生ほか、プロダンサーたちが華麗なステップを披露します!

(本イベントのお問合せは下記連絡先まで)

公式ウェブサイト:http://vsop428.at.webry.info/
VSOP渋谷吹奏楽団幹事室: office@vsop.cdx.jp



http://www.danceview.co.jp/news/?p=324

comments(0) | -
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>

OTHERS

LINKS

qrcode
RECENT COMMENT
RECOMMEND